2018年11月22日

第38回 札幌防衛セミナー開催

講師は、評論家「金 美齢」 元 航空幕僚長「外薗健一朗」

 札幌地方隊友会(会長 若月寿一)は、11月10日(土)札幌市中央区の共済ホールにて第38回札幌防衛セミナーを開催しました。 本セミナーは、防衛意識の普及高揚の一環として毎年実施している当隊友会の最も大きな事業で、今年で38回目を迎える伝統の行事です。 会員はもとより、公益財団法人 水交会北海道支部及び第11旅団友の会の協賛を頂き、関係協力企業・団体、特別会員そして有志の方々のご協力ご支援を頂き開催を致しました。

 講師には、テレビなど幅広く活躍されている評論家、政治運動家の「金 美齢」氏が『合言葉は“お国のために” 』と題して、台湾出身の日本人として、二つの祖国が大好きである、皆さんも「祖国への愛」を大事に、「祖国にために」頑張って参りましょうと講演された。

 もうお一人の講師は、元 航空幕僚長「外薗 健一朗」氏で、『日本の安全保障 3つの課題』と題して画像を駆使し、2016年の作家 「百田直樹」の「カエルの楽園」を手本とし、「日本を取り巻く安全保障概観」と「憲法9条」「機能する日米同盟」「防衛産業の育成強化」の課題について講演して頂きました。

 お二人の示唆に富んだ、興味深い話に約40名を超える会場の皆さんは真剣に聞き入っていました。 

札幌地方隊友会 事務局

IMGP9555.jpgIMGP9615.jpg
IMGP9584.jpgIMGP9580.jpg
IMGP9634.jpgIMGP9640.jpg

posted by 隊友札幌 at 22:54| 記事連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする