2018年12月11日

理事役・支部事務局長による合同会同を実施

 札幌地方隊友会(会長:若月寿一)は、師走に入った12月8日(日) 理事役(本部役員・支部長等)及び支部の事務局長が一堂に会して、今年度、第2回 合同会同をホテル ポールスターにおいて実施した。 

 開始にあたり、若月会長は、これまでの事業運営が整斉と行われたことについて支部長等への感謝とお礼を述べ、引き続き札地隊事務局と支部が連携してゆく旨強調された。

 会同は、事務局が「平成30年度全国事務局長会同の概要」、「第38回 札幌防衛セミナーの概要報告」、「平成30年度 パークゴルフ大会の収支報告(案)」、「一般会計収支進捗状況の分析(案)」、「平成31年度の事業計画作成にあたっての留意事項」、「家族支援について」、「防災ボランティア活動マニュアル(案)」及び「平成31年度 パークゴルフ大会の実施要領(案)」について説明し、支部からの意見を聴収した。特に、防災ボランティア活動マニュアル(案)に関しては、事前に聴取した支部からの意見に対して回答し、理解を得た。

 合同会同終了後は、当ホテルにおいて懇親会を行いこの一年間の苦労話に花を咲かせた。

IMGP0662.jpg
IMGP0659.jpg
IMGP0656.jpg
IMGP0664.jpg
IMGP0672.jpg

札幌地方隊友会 事務局

posted by 隊友札幌 at 11:10| 記事連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする